jpgQrw2011042823
DJ

高橋透 / TOHRU TAKAHASHI

(GODFATHER, SMOKER)

第二期と言われるディスコカルチャー全盛の1976年ソウルミュージックに心酔、横須賀でDJ活動を開始。六本木、赤坂でキャリアを積み80年にニューヨークのクラブシーンに憧れ移住、12ウェスト、セイント、アンビル、モンスター、ザ・アンダーグラウンド、エリアなどゲイカルチャー全盛のタフでハードなクラブ・シーンを体験後、81年に一時帰国し、ニューヨーク・サウンドを中心にニューウェーブ、ノーウェーブ、エレクトロをミックスするプレイで新宿ツバキハウス、六本木ツバキボール、原宿クラブ-Dと80年代の最先端の箱でメインDJを務め85年に再びニューヨークへ、話題のDJレストラン“フジヤマ・ママ”の立ち上げに参加し、オープニングからレジデントDJを務めながら、現在のクラブシーンに最も影響を与えたといわれるダンスミュージックの聖地“パラダイスガラージ”のメインDJ故ラリー・レヴァンと交流を深め、その神業的なプレイとニューヨークにおけるハウス・ミュージックの創世記を体験する。ガラージクローズ後もスタジオ54、ワールド、チョイス(元ロフト)、パラディアムでのラリーのプレイ、ラブライトのデイビット・モラレス、ベースラインやサウンドファクトリーのジュニア・ヴァスケス、ワールド、パラダイスボールでのフランキー・ナックルズのプレイなど広がりを見せるハウス&ガラージシーンを実体験、またレゲエラウンジ(後のアイランド・クラブ)などレゲエクラブにも通い進化するニューヨークのダンス・ミュージックシーンに身を置き、クラブ“マーズ”でレギュラーも務めるなど4年間に渡るDJ活動を経て、89年にメインDJ兼サウンドプロデューサーとして芝浦“ゴールド”のオープンの為に帰国。土曜日のレジデントDJとして国内にハウスミュージック/ガラージサウンドを浸透させ5年半に渡るゴールドの黄金時代を築いた。ゴールドクローズ後は、活動の場を全国に広め97年から参戦した盟友DJ NORIの人気パーティーSMOKER@青山LOOPのレギュラーゲストは9年目を迎えた。また、メディアレイピストという肩書きで八面六臂の活躍をみせるアーティスト宇川直宏と、アンダーグラウンドシーンで最もハードなスケジュールをこなす人気DJ MOODMANと共に、恵比寿MILKにおいて99年(その原型は98年)に年間限定で行ったディープハウスパーティー“ゴッドファーザー”は平日にもかかわらず狂気に満ちたハウスフリークを数多く産み落とした。一年後に終焉を迎えたが、03年夏六本木ROSA FIESTAで復活するやMILKで産み落とされたハウスフリークと全国各地のパーティーフリークに支持されて全国規模での浸食が始まり、雑誌SWITCHでは「活字のディスコティークFloor Of Godfather」を一年間レギュラーで展開するなど、あらゆるモノを巻き込む勢いは、毎回シンパを増殖しながら強烈な吸引力を発揮している。2005年DJ活動30周年を迎えディスコ/ガラージ/ハウス/レゲエまで様々なダンスミュージックを織り交ぜながら独創的な世界を創り出すロングプレイは現在ジェネレーションを越えて支持されている。また2006年には自身がサウンドプロデュースしたCLUB=六本木『R』がオープン。2007年はDJとしての活動をつづった自叙伝「DJバカ一代」を発表。70年代からの活動の全貌を活字で明らかにし、あらゆる世代のクラブフリークから広く支持を得ている。また同年リリースされたMIX CD 「SICK HOUSE」はアナザー・サイド・オブ・パラダイスガラージな内容で、ラリーレヴァンの人間サボテン化計画に焦点を当てた問題作だ。

 

http://www.luvdub.jp/godfather/