ss
LIVE

ATAK Dance Hall set (渋谷慶一郎+evala)

■渋谷慶一郎
2002年に音楽家・渋谷慶一郎とmariaによって設立。
音楽レーベルとして国内外の先鋭的な電子音響作品を数多くCD、DVDとしてリリースしている。
またデザイン、ネットワークテクノロジー、映像など多様なクリエーターを擁し、精力的な活動を展開。 日本はもとよりヨーロッパでの評価も高く、テクノロジーとアートのカッティングエッジを担う数少ないレーベルとしてリリースオファーも多い。 また東京大学やYCAMといった各種研究機関との連携により遺伝的アルゴリズム、非線形科学を応用したサウンドジェネレートのプログラム開発など も行うほか、最近では渋谷慶一郎が国際交通安全学会と警視庁の依頼により日本の歩行者横断信号機の音楽を作曲するなど多岐に渡る活動は大きな注目を集めて いる。また、2006年に発表した24チャンネルとLED照明によるサウンド・インスタレーション「filmachine」とそのCDバージョンであ る世界初のヘッドフォン専用・三次元立体音響CD”ATAK010 filmachine phonics”はオーストリアで毎年開催されているテクノロジー・アートの祭典アルスエレクトロニカのデジタルミュージック部門で Honorarymentionを受賞。 2008年1月にはベルリンのトランスメディアーレにおいてfilmachineを発表、ライブパフォーマンスも行い、マイケル・ナイマン、ハイナー・ゲッペルズらに絶賛されたことは記憶に新しい。今後もヨーロッパでのコンサート及び美術館での展示などを中心とした活動が予定されており、このモントリオ-ルのエレクトラやベルリンのクラブトランスメディアーレといった数多くの主要フェスティバルに参加している。

 

http://atak.jp

 

 

■evala

サウンドアーティスト。ATAKでは「filmachine」(YCAM/2006)での立体音響プログラムをはじめ、主にインスタレーション全般のプロ グラムを担当。またATAK NIGHTへの参加の他、コンサートにおけるビジュアル・プログラムなども手がける。自身も04年にportを設立。先鋭的な電子音楽作品を発表、国内外 でのパフォーマンスを行うほか、様々な媒体のサウンドデザイン、またソニーをはじめ最新テクノロジーを用いたプロダクトのシステムデザインなど、手がけた 仕事は数多い。06年に発表した自身初のソロアルバム「initial」(port/2006)は、フィールドレコーディングされた音素材の人工的なプロ セスによる加工/編集によって作り出された強靭かつ繊細なサウンドが “日本の最前線を担う音響作”と評され大きな話題を呼んだ。その他、プログラミング環境Max/MSPのヘビーユーザーとしても知られ、東京大学や東京芸 術大学などで講義も行う。ブログ「hacking tone」( http://evala.org/ht/ ) が話題中。

 

http://port-label.jp