大林宣彦
A MOVIE / TALK

大林宣彦

映画作家。1938年、広島県尾道市生まれ。3歳のときに自宅で出合った活動写真機で、個人映画の 製作を始める。1964年頃からTVCMの制作に携わり、 2,000本以上もの作品を生み出す。1977年に公開された 『HOUSE/ハウス』で劇場映画に進出。 以後、『ねらわれた学園』(1981年)、『青春デンデケ デケデケ』(1992年)、『理由』(2004年)をはじめ とする数多くの作品をコンスタントに発表。なかでも、 故郷で撮影された『転校生』(1982年)、『時をかける 少女』(1983年)、『さびしんぼう』(1985年)は"尾道三 部作"と称され、そのリメイク版・新尾道三部作も含め て、多くの映画ファンたちに愛され続けている。また 第21回日本文芸大賞・特別賞を受賞した『日日世は好日』 など、著書も多数発表している。2004年春には紫綬褒章 を、そして2009年秋に旭日小綬章を受章。
今回、FREEDOMMUNE0<ZERO> A NEW ZEROでは、会場内に併設した映画館で最新作『この空の花 - 長岡花火物語』を限定プレミアム上映!