ATAK Dance Hall
LIVE

ATAK Dance Hall (Keiichiro Shibuya+evala)

2002年の発足以来、常にエレクトロニック・ミュージックをアップデートし続けるレーベルATAK。国内外の電子音響作品をリリースするだけではなく、映像、デザイン、ネットワーク・テクノロジーなど多様なクリエーターを擁した先鋭集団として知られている。その中心人物である渋谷慶一郎とevalaが手を組み、完全にフロアにフォーカスしたプロジェクトとしてスタートさせたラップトップ・デュオがATAK Dance Hallだ。
初披露となった2011年1月、東京/代官山UNITで開催された "3 Hours Dance Hall Set"でのパフォーマンスは大きな衝撃を持って受け入れられ、以降、日本国内の名立たるクラブや野外フェスティバルへ立て続けに出演を果たし、常に超満員のオーディエンスを湧かせている。同期した2つのラップトップから繰り出される膨大の音の破片の交錯は、エレクトロとエレクトロニカを交配しながら、時にダブステップ、バイレファンキ、ボーカロイドからカオス・アルゴリズムによるサウンドジェネレートまで、あらゆる境界を刺激的にすり抜けていく。この破壊力抜群のスーパーユニットによる最先端ダンスミュージックの進化は止まらない。
http://atak.jp/adh/