飯田哲也
TALK

飯田哲也 (エネルギー学者、環境エネルギー政策研究所長)

1959 年山口県生まれ。 京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻修士課程修了 東京大学先端科学技術センター博士課程修了 ルンド大学(スウェーデン)環境エネルギーシステム研究所 客員研究員 現在、認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長。原子力産業や安全規制 に従事後、「原子力ムラ」を脱出して北欧での研究活動や非営利活動を経てISEPを設 立し現職。持続可能なエネルギー政策の実現を目指し、提言・活動を行っている。多くの 国や地方自治体の審議会委員を務め、世界中に幅広いネットワークを持ち、特に3.11以 降、世論をリードするエネルギー戦略を打ち出す。孫正義氏に付託されて、「自然エネルギー財団」設立の中心を担った。また2012年1月から6月15日まで、大阪府、大阪市特別顧問に就任し、エネルギー戦略会議で議論をリードした。2012年7月の山口県知事選挙に挑戦し、保守王国を脅かした。『エネルギー進化論』(ちくま新書)など著書多数。

isep 環境エネルギー政策研究所
http://www.isep.or.jp/