大谷能生
TALK

大谷能生 (音楽家/評論家)

横浜国立大学中退。1996~2002年まで音楽批評誌『Espresso』を編集・執筆。日本のインディペンデントな音楽シーンに深く関わる。著作として『憂鬱と官能を教えた学校』、『東京大学のアルバート・アイラー』(いずれも菊地成孔との共著)。編著書として『Improvised Music From Japan EXTRA2003』などがある。サックスおよびエレクトロニクス奏者として、sim、masなどのバンドやセッションでも活躍中。最近の作品はマキシシングル『乱暴と待機』(相対性理論と大谷能生)、アルバム『みずうみのかもめ』(『長短調(または眺め身近目)』OST)、『アフロ・ディズニー2』(菊地成孔との共著)など。マイルス・デイヴィスの研究書「M/D~マイルス・デューイ・デイヴィス3世研究(菊地成孔との共著)」等。

大谷能生の朝顔観察日記
http://www.ootany.com/