中森明夫
TALK

中森明夫 (評論家)

1960年、三重県生まれ。作家、コラムニスト、アイドル評論家として1980年代から様々なジャンルで活躍。1985年、朝日ジャーナル誌で「新人類の旗手」として脚光を浴びる。「おたく=OTAKU」の名付け親としても世界的に知られている。著書に『東京トンガリキッズ』『オシャレ泥棒』『アイドルにっぽん』等。初の純文学作品『アナーキー・イン・ザ・JP』が三島由紀夫賞候補となった。