KENSHU
DJ

KENSHU (CRAZEEK)

オーストリア、ウィーン生まれ。オーストリア人の父親と日本人の母親を持ち、幼少の頃よりピアノ、バイオリン、フルート、パーカッションなどクラシック音楽をベースに様々な楽器に親しむ。HIP-HOPカルチャーに多大な影響を受け、12歳よりDJをスタート。帰国後はJazz、Brasil、Soul、Funkなどを通過しつつ様々なクラブでのDJやプロデュースワークで活動。クラシックをKENSHU独自の解釈でHIP-HOPフォーマットに再構築した作品“dulcet featuring KENSHU”(2008)は外資系レコード店を中心にヒット。アルバム“THE UNITED COLOR”(2008)をリリース後はElectroへ活動の中心をシフト。自らが多大なる影響を受けたHIP-HOPカルチャーへの回答として“B-BOY HOUSE”を提唱。ageHa、AIR、MADO LOUNGEなどの都内有名クラブや国内外のクラブやラジオでプレイ。圧倒的なDJスキルと様々なジャンルを通過してきた音楽的センス溢れる。プロデュースワークは人気ファッションブランド“mastermind JAPAN”とコラボレーションするなど多方面から高い注目を集めている。最近リリースされているmastermind MUSICのCDはすべて即日完売。7月に発売されるDeftechのNew Album 「24/7」でもトラックを手がけている。また世界に向けて発信するプロジェクト"CRAZEEK"が夏から活動開始予定、業界関係者が注目している。