Milton Bradley
DJ

Milton Bradley (Do Not Resist The Beat!, K209, Grounded Theory / from BERLIN)

生まれも育ちもベルリンという生粋のベルリナーであるミルトンは、80年代後半にアシッド・ハウスとベルジアン・テクノの洗礼を受け、エレクトニック・ミュージックの世界に足を踏み入れる。レコード・コレクターとなった彼は91年にDJとしての活動を開始。ダークなエクスペリメンタル・テクノからディープなインダストリアルまで、この20年間に多彩なサウンドを吸収してきた。2008年からは制作に乗り出し、レーベル〈Do Not Resist The Beat!〉を立ち上げ、独自の解釈のテクノ・サウンドを発表し続けている。2010年からはより実験的でダークな作品を発信するサブ・レーベル〈The End Of All Existence〉を始動、さらに盟友ヘニング・ベアーと共にインダストリアル・テクノ・ユニット〈K209〉、今年に入ってからは90年代のアシッド・サウンドにインスピレーションを得た〈Alien Rain〉もローンチするなど、ベルリンで最も精力的かつ厚い支持を受けるテクノ・プロデューサーの一人である。DJとしても地元に根ざしたアンダーグラウンド・パーティーとして定評のあるGrouded Theoryでレジデントを務め、Berghainなどでも頻繁に出演し、その実力は折り紙付き。昨年初来日を果たし、日本でも確実にファンを増やしている他、ヨーロッパ各地のテクノ・パーティーに招聘され、活動の場を広げている。