大友良英&あまちゃんスペシャルビッグバンド
LIVE

Open Reel Ensemble

2009年より、和田永を中心に佐藤公俊、難波卓己、吉田悠、吉田匡が集まり活動開始。旧式のオープンリール式磁気録音機を現代のコンピュータとドッキングさせ、「楽器」として演奏するプロジェクト。リールの回転や動作を手やコンピュータで操作し、その場でテープに録音した音を用いながらアンサンブルで音楽を奏でる。その不思議な音色と楽曲性は高く評価され、国内、海外でのLIVEやCM音楽制作、楽曲のREMIXなども行い、メディアアートと音楽の双方からいま最も注目を集める存在である。2013年3月12日には学研より、松岡正剛、大友良英、菊地成孔、宇川直宏、zAk、高木正勝など錚々たるメンバーとの対談やライブでの演奏法解説、オープンリールに抱く未来像などが余すところなく掲載されたBOOK+DVD「回典 ~En-Cyclepedia~」を出版。また、7月17日には3シーズンにわたって音楽を担当したISSEY MIYAKEのパリコレクションの音源を一挙にパッケージしたCD「TAPE AND CLOTH」をRoth Projectよりリリース。