瀬戸内寂聴
法話

瀬戸内寂聴(天台宗名誉住職 / 小説家)

1922年(大正11年)徳島市生まれ。91歳。東京女子大学卒業。 '61年田村俊子賞、'63年女流文学賞。73年中尊寺で得度受戒。87年岩手県浄法寺町天台寺住職に就任(2005年まで。現名誉住職)、92年谷崎潤一郎賞、'96年芸術選奨文部大臣賞、文化功労者となる。'98年NHK放送文化賞、'01年野間文芸賞、'02年大谷竹次郎賞、'06年イタリア国際ノニーノ賞、文化勲章受章。'07年比叡山禅光坊住職に就任。'08坂口安吾賞受賞。'11岩手日報文化体育賞受賞、泉鏡花賞受賞。現在も執筆、法話、など積極的に幅広く活動している。文化功労者。 代表作「場所」(野間文学賞)「女子大生・曲愛玲」(第三回新潮社同人雑誌賞)、「田村俊子」(第一回田村俊子賞)、「かの子撩乱」、「女聴」、「夏の終わり」(第二回女流文学賞)、「花に問え」(谷崎潤一郎賞)、「白道」(芸術選奨)、「現代語訳 源氏物語」、「比叡」、「いずこより」 ほか多数。

瀬戸内寂聴 OFFICIAL HP/寂庵へようこそ!
http://www.jakuan.com/