DOMMUNE LIVESTREAMING INFORMATION & RESERVATION!

DOMMUNE PROGRAM INFORMATION!

2018/09/18 (火)

■19:00~21:00 【港家小柳師匠追悼再配信】「浪曲DOMMUNE」第一夜
黄泉がえれ、肉声の黄金郷〜「めくるめく浪曲の世界」(2015/06/01の再配信)
司会:都築響一 出演:港家小柳、玉川奈々福、沢村豊子、川上アチカ

■【港家小柳師匠追悼再配信】「めくるめく浪曲の世界」この番組を列島全土で鑑賞し、港家小柳師匠の在りし日を偲び、生前の御功績を讃えましょう….(泣) 2015年6 月、映画『港家小柳IN-TUNE』〜芸歴70年の異端浪曲師奇跡の舞台記録の完成を記念して、浪曲を番組化できないか?と、映像作家・川上アチカさんにご相談いただき生まれました番組シリーズ「浪曲DOMMUNE」!!!!!!! この番組がきっかけとなり、浪曲を知らない若い世代からも大きな反響と評価を得た浪曲師港家小柳師匠!!!!!!! 当時で既に芸歴70年という驚愕の重鎮オーラと、圧巻の集中力で、ライブストリーミングを通じて熱演してくださった一席がバズり、2万近いビューワー数を記録したことが今も鮮明な記憶として蘇りますが、ここ2年は病気療養中でおられ、今年5月11日、老衰のため愛知県犬山市の病院で逝去されました….享年90歳。つい2年前にも「浪曲DOMMUNE」第二夜を企画させていただき、大変お元気なお姿を世界に配信させて頂きましたので、そろそろ第三夜をと考えておりました我々と致しましては、突然の訃報に接し、誠に痛惜の念でいっぱいです。「港家小柳師匠は旅芸人として女流団を率い、40 年以上の年月を過ごしてきたため、その実力に反して音や映像の記録がほとんど残っていません。人とは異なる苦労された経験が演技の迫力とその圧倒的な厚みのようなものに繋がっていると感じられる、とても魅力的な芸人さんです。台本はあっても楽譜のない浪曲は、三味線を弾く曲師との30分間にも及ぶ、真剣勝負の即興芸術です。」と『港家小柳IN-TUNE』の解説にもありますように、都築響一さんを司会にお迎えした、このDOMMUNEの番組は、そんな小柳師匠の芸人としての人生と、浪曲そのものの歴史とそれを取り巻く文化的変遷、そして、日本を代表する名人曲師沢村豊子さんとのリアルタイムな真剣勝負の即興芸術を生で配信した神回となりました!!!!!!!! 今回のDOMMUNEは、そんな小柳師匠のご逝去を悼み、2018年9月24日浅草木馬亭にて開催されます 「五代目港家小柳を偲ぶ会」へと繋ぐ、プレお別れとし、尊敬を込めて【港家小柳師匠追悼再配信】をさせていただきます。この番組を列島全土で鑑賞し、小柳師匠の在りし日を偲び、生前の御功績を讃えましょう….(泣)港家小柳師匠のご冥福を心からお祈りいたします。【宇川直宏&DOMMUNE一同】
2018年9月24日「五代目港家小柳を偲ぶ会」18:00 @浅草木馬亭

■21:00~23:30 
「трип Records Presents NINA KRAVIZ / BROADJ#2574-75」
DJ:NINA KRAVIZ(трип / Galaxiid / from Moscow)
DJ SODEYAMA(трип / Arpa Records)

■ULTRA史上初の出演となる「ULTRA JAPAN 2018」のヘッドライナーの一人として来日!滞在日数2日という強行スケジュールの中、列島全域のアンダーグラウンドフォロワーにそのプレイを捧ぐ為、NINA KRAVIZが5度目のDOMMUNE出演を果たす! 世界で最も多忙なDJの一人、NINA KRAVIZ(ニーナ・クラヴィッツ)。レーベルтрип(トリップ)主宰。2014年に世界最大のダンスミュージック配信サイトBeatportが選ぶ「DJ OF THE YEAR」を受賞。ここ日本でも、国内最大級のクラブ系ポータルサイトClubberiaの「ARTIST AWARD」において2年連続第1位を獲得、また昨年の「PARTY AWARD」では、約15>, 000ものイベントの中で年間第1位、2位を独占。さらに彼女のレーベルтрипは、世界有数のダンスミュージックメディアMixmagで「THE BEST RECORD LABEL OF 2015」を獲得。DJそしてレーベルオーナーとして、世界のエレクトロニックミュージックシーンの頂点に立った。シベリア出身のDJ、プロデューサー、シンガーソングライター、そして熱心なレコードディガーとしても知られる彼女は、2006年にメルボルンで開催されたRBMAに生徒として参加した時にGreg Wilsonにデモを渡したことがきっかけとなり、2007年に初の12インチを彼のレーベルB77から発表。翌年、Jus-Ed主宰のUnderground Qualityより“Voices Remix Project”と“First Time EP”の2枚をリリース。2009年には、Radio SlaveことMatt EdwardsのレーベルRekidsからEP”Pain In The Ass”をリリースしたほか、数々の傑作リミックスも手がけ、彼女の名声は世界的に高まっていった。“I’m Gonna Get You”と“Pain In The Ass”と並び、彼女のキャリアの中で最大のヒット曲といえば“Ghetto Kraviz”だろう。シカゴの名門レーベルDance Maniaに捧げたこのトラックを含む、2012年発表のデビューアルバム『Nina Kraviz』は、世界屈指のオンラインエレクトロニックミュージックマガジンRAで「ロシアンハウスの金字塔」と称賛され、DJ Mag「ALBUMS OF THE YEAR」でも第2位を獲得。彼女のプロデューサーとしての評価を決定的なものにした。2013年にEP“Mr Jones”をRekidsからリリースした後、彼女は自身のビジョンを見出すレーベルтрипを2014年にローンチ。同レーベルからは、彼女自身のほかに、アイスランドの若き才能Bjarkiや日本人アーティストのDJ Sodeyama、さらにはAphex Twinらのトラックも収録したコンセプチュアルなコンピレーションシリーズを発表している(“IMRV”、“Let’s do it”、“I believe I can fly”といった、彼女のシンプルかつ印象的なモジュラートラックは、全てтрипからリリースされている)。2015年にはキャリア初となるオフィシャルミックスCDをベルリンのレーベル!K7よりリリース。歴史ある『DJ-Kicks』シリーズの中でも最高傑作として異例の好セールスを記録し、世界をリードするDJ/セレクターとしての魅力と実力を見せつけた。今年に入ってからは、英BBC Radio 1のマンスリーショウでレジデンシーDJを務め、Coachella、BPM、Time Warp、Movement、Awakenings、Tomorrowland、Dekmantelといった世界各地のビッグフェスティバルに登場し、毎年夏に引っ張りだこになるイビサでは、AmnesiaでのSven VathのCocoonパーティーやDC-10でのCircoloco、Carl CoxがSpace Ibizaで15年間続けてきたRevolutionの最終章にも出演。そのほか世界中のキークラブでも定期的にプレイしており、ベルリンのBerghain、ロンドンFabric、パリConcrete、オッフェンバッハのRobert Johnson、ニューヨークOutputなどが挙げられる。現在世界で最もブッキングが難しいDJのひとりである彼女だが、大の親日家で、近年は日本にも年に12度来日している。昨年GWには渋谷Womb、12月には代官山Airのラストマンスに登場し、この二つのパーティーは「clubberia Party AWARD 2015」で年間1位、2位に輝くほどの凄まじい盛り上がりを見せた。また、世界遺産・京都二条城で開催された「アートアクアリウム」では着物姿でDJプレイを行うほか、劇団荒城の花形・荒城蘭太郎による「花魁の舞」とのスペシャルコラボレーションも行われ、その神秘的で妖艶なパフォーマンスが日本そして世界で大きな話題を呼んだ。2016年にはNina Kraviz主宰レーベル〈трип〉のショーケース『трип JAPAN TOUR 2016』が行われ、アメリカ、カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランドを回り、〈трип〉ワールドツアーの最終公演が日本の新木場ageHaにて開催された。『Mixmag』で「The Best Record Labe」に輝き、AFX a.k.a Aphex TwinやPopulation Oneなどがコンピレーションに参加したことでも話題となった、現在名実ともに世界のエレクトロニックミュージック・シーンを牽引しているレーベル〈трип〉のショーケースである。そして2017年にはFUJIROCKに参加!そして今年2018年の来日は、全世界のULTRA史上初の出演となる「ULTRA JAPAN 2018」のヘッドライナーの一人として出演!!!そして滞在日数2日という強行スケジュールの中、親日家であるNINAは、列島全域のフォロワーにそのプレイを捧ぐため、DJ SODEYAMAとともに、5度目のDOMMUNE出演を果たす!!!!!!!
NINA KRAVIZ OFFICIAL WEB SITE
NINA KRAVIZ FACEBOOK
DJ SODEYAMA / Arpa Records
 

■ WEB上での「DOMMUNE」番組視聴については、予約なしでご覧いただけます。
■ 番組の視聴をご希望の方は、配信時間に DOMMUNE にアクセスしてください。

 
開催日時 09/18 (火)  ★スタジオ観覧ご希望の方は、以下の予約フォームからお申し込みください!

お名前
※フルネームでご記入ください。Please fill your full name!.
e-mail
※ドメイン受信指定されている方は「dommune.com」が受信できるように設定をお願いいたします。
twitter (任意/optional)
※返信メールが送信できない場合のみ使用します。初めての方、ご希望される方のみご記載ください。
■ 観覧予約受付の結果は、順次メールにて個別に、お申込から24時間以内にご連絡させていただきます。
■ スタジオ観覧の予約申込が限定数を越えた場合は、先着順で50名とさせていただきます。
■ ご来場者はカメラに映る可能性がごさいますので、ご了承のうえご参加ください。
■ 電話での観覧予約は受け付けておりませんのであしからずご了承ください。
■ ご記入される個人情報は、返信と当日の予約リスト作成以外の用途には使用いたしません。

● ENTERANCE : ¥2,000
● OPEN : 18:50頃(第1部~第2部入替無し! 番組途中入場OK! 再入場不可! BARあり!)
● 〒150-0011 東京都渋谷区東4-6-5 ヴァビルB1F ≫MAP / TEL : 03-6427-4533

end