DOMMUNE LIVESTREAMING INFORMATION & RESERVATION!

DOMMUNE PROGRAM INFORMATION!

2019/01/01 (火)

■00:00~00:50 SADOMMUNE x サドテレビ 「SADO INFINITY 88 Cymbal」
〜さどの島銀河芸術祭2018|Sado Island Galaxy Art Festival 2018
コンセプト / コンダクト:EYE(BOREDOMS)

演奏:七円体、88 Cymbaler PA:中坪 淳彦
DESIGN :宇川 直宏(DOMMUNE) 場所:岩首昇竜棚田

<2018 サドテレビ|佐渡島内/アイランドプレミア>
(初放送)2018.12/30 22:00〜23:50(再放送)2018.12/31 16:30〜17:20
■ 受信可能地域:佐渡島内(ケーブルテレビ加入世帯)■チャンネル:111ch
■ サドテレビ:http://www.e-sadonet.tv/web/

<2019 DOMMUNE|全世界/ワールドプレミア>
(全世界配信)2019.01/01 00:00-00:50(以降01/08までアーカイヴ解放)
■視聴可能地域:全世界 ■配信URL:http://www.dommune.com

■今世紀の”伝説"となった「SADO INFINITY 88 Cymbal」が、2019年1月1日…新春プログラムとして遂に世界へと開帳!!!!!!!! 日本列島全土で鳴り響く108つの平成最後の除夜の鐘と、佐渡島岩首昇竜棚田からの88のシンバルが共演し、新年の幕開けを祝う!!!!!!!!! 日本海最大の離島=佐渡島で行われた「さどの島銀河芸術祭2018」。会期中に降臨した「SADO INFINITY 88 Cymbal」は、新たな”民話"として島民の口から口へと語り継がれるべき、今世紀の”伝説"となった…これは過言ではない。飛鳥時代の大化の改新後、令制されたこの地、佐渡には、1300年に渡って多様な価値観が共存してきた。この島の海沿いの集落から標高350Mを越える山間には、江戸時代頃開田が進み、その形状を残しながら現在も棚田が広がっている。2018年10月8日…ここ岩首昇竜棚田で、BOREDOMSのEYEが水に浮かんだ状態で指揮をとり、無限(∞)の表象である8の字(8)に配列された88のシンバル隊が、天空を舞台に大自然と融合しながら音を奏でた!既に伝説として語り継がれるこの日のドキュメント「SADO INFINITY 88 Cymbal」が、我々ライヴストリーミングチャンネルDOMMUNEと、島内のケーブルTV局サドテレビのコラボレーションによって、2019年1月1日00時00分全世界に開帳される!!!!!!!! 大晦日より108つの鐘が列島全土で鳴り響く中、新年を迎えるその瞬間に、EYEのコンダクトによって88のシンバル隊が奏でる無限和合の演奏が、梵鐘の響きと溶け合い、8から9へと橋をかけ一体化する!!!!!!!!「ゆく年くる年」の裏番組として平成最後の除夜の鐘と共演するこの新春プログラム「SADO INFINITY 88 Cymbal」は、佐渡島の昇竜棚田から日本、そして世界へと、ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)を通じて無限に巡り、2019年を迎春し、新年の幕開けを祝うのだ!!!!!!!!!!! 2019年1月1日、このDOMMUNEでのワールドプレミアに先駆けて、佐渡島内では、2018.12/30そして12/31、サドテレビを通じてアイランドプレミアが行われる!!!!!!!! この"現代の昔話”のような過去も未来をも超越する幻想的な出来事は、世紀を超えて無限に口承されるであろう……..

(宇川直宏|DOMMUNE)


さどのしまは、男性的な島北部、その先端に大野亀。
女性的な島南部、その先端に鶴ヶ峰があり、鶴と亀がすべった島とも言われています。
陰陽をなす島の形は8の字インフィニティー、そして螺旋のかたち、和合と生命無限性の表象として、
形自体が大切な希望のように感じます。
さどの相似象として8の字に配列された88のシンバルは、島によせてはかえす波、さどの呼吸。
それは、さどのしまが 昇竜棚田の 海のみえる天空ステージで奏でる楽器。
さどのしまが奏でるとき、無限和合の さどのスイッチはまわり、日本、せかいへと、無限に巡っていく。

2018(ふたつの円、ひとつになり無限)、
1008(わたしは円、縁は無限)の日に、昇竜棚田で、あいましょう。
ふれあいや(2018)、あいおうおうや(1008)さどのみはしら。

(EYE|BOREDOMS)

■SADOMMUNE x サドテレビ「SADO INFINITY 88 Cymbal」
〜さどの島銀河芸術祭2018|Sado Island Galaxy Art Festival 2018
コンセプト / コンダクト:EYE(BOREDOMS)
演奏:七円体、88 Cymbaler PA:中坪 淳彦 
DESIGN :宇川 直宏(DOMMUNE) 場所:岩首昇竜棚田
■「さどの島銀河芸術祭2018」
SADO ISLAND GALAXY ART FESTIVAL
実行委員長:梶井照陰
コミュニケーション・ディレクター:吉田モリト
アドバイザー:椹木 野衣、宇川 直宏、小川 弘幸 協力:菊田樹子
■「SADOMMUNE:SADO INFINITY 88 Cymbal」
CAMERA:関根彬(佐渡テレビジョン)、渡邊元(DOMMUNE)、涌井智仁(DOMMUNE)
DRONE CAMERA:若林善規(佐渡テレビジョン)、宇川直宏(DOMMUNE)
DOMMUNE PA:ナンシー(DOMMUNE) 翻訳:高橋大斗(DOMMUNE)
EDITING DIRECTOR: 涌井智仁(DOMMUNE)
TECHNICAL DIRECTOR:渡邊元(DOMMUNE)
STREAMING DIRECTOR:宇川直宏(DOMMUNE)
さどの島銀河芸術祭2018|Sado Island Galaxy Art Festival 2018
SADO INFINITY 88 Cymbal
SADOMMUNE
DOMMUNE
サドテレビ

 

■ WEB上での「DOMMUNE」番組視聴については、予約なしでご覧いただけます。
■ 番組の視聴をご希望の方は、配信時間に DOMMUNE にアクセスしてください。