2019/11/24 SUN18:0020:00

SCOPES Tokyo「Revitalizing music as art」

出演 : コムアイ (水曜日のカンパネラ, YAKUSHIMA TREASURE) , Naohiro Ukawa (DOMMUNE) , MC : Arina Tsukada

水曜日のカンパネラとして知られるコムアイ、そしてオオルタイチのプロジェクト「YAKUSHIMA TREASURE」。 大自然と向き合う創作エネルギーの源泉に迫り、“音楽の消費”に起きる大きな変革と、これからの“音楽の純粋性”について語り合う。

瀬戸内国際芸術祭2019のオフィシャル作品としてサテライトスタジオ「DOMMUNE SETOUCHI」を開設した宇川直宏。瀬戸芸夏会期のベストの一つであると囁かれているこのプロジェクト… 現地から配信したそんな珠玉の50番組の中で、いまも語り草なのが、再開発後の高松市丸亀町商店街からライヴストリーミングした「NATURALLY SHOPPING STREET」だ。地方都市の中心市街地の空洞化は変わらず深刻で、商店街の衰退が語られて久しい現在、丸亀町商店街は「消費者」ではなく「生活者」を呼び戻そうという目から鱗なコンセプトで再生を遂げている。 なんとこの商店街で1000人余りの市民が生活しているのだ!宇川がオーガナイズしたこの商店街からのプログラムでライヴを行なった水曜日のカンパネラのコムアイは、オオルタイチとのYAKUSHIMA TREASUREというニュープロジェクトで地方都市と向かい合った。にも関わらず、この商店街でのライヴは、屋久島で演奏した体験と近しい感覚を得たという。この感覚は一体どこから沸き起こってきたものなのか?YAKUSHIMA TREASUREは、屋久島で録音したさまざまな生物の鳴き声やサウンドスケープを散りばめながら、島民たちともコラボレーションを果たし、独自の音楽世界を描いた画期的な試みであったが、音楽で地域を創世するというコンセプトは両者に共通する領域でもある。サブスクリプションでの音楽ストリーミングの台頭以降、"音楽を消費する"その行為自体に大きな変革がおこったが、消費と距離をとり、アートと融合した音楽の真の可能性がここに存在しているといっても過言ではない。大自然と共存するこれら神秘的な島々と音楽、そして音楽を軸とした芸術活動の展望と、創作エネルギーの源泉について、この日、DOMMUNEの宇川直宏、そして編集者/キュレイターの塚田有那と共に語り合います。

コムアイ

アーティスト。1992年生まれ、神奈川育ち。ホームパーティで勧誘を受け歌い始める。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。その土地や人々と呼応して創り上げるライブパフォーマンスは必見。好きな音楽は民族音楽とテクノ。好きな食べ物は南インド料理と果物味のガム。音楽活動の他にも、モデルや役者など様々なジャンルで活躍。2019年4月3日、屋久島とのコラボレーションをもとにプロデューサーにオオルタイチを迎えて制作した新EP「YAKUSHIMA TREASURE」をリリース。同名のプロジェクト「YAKUSHIMA TREASURE」として各地でライブやフェスに出演中。

PROGRAM INFO
ENTRANCE観覧予約が全て埋まりました。ライヴストリーミングでお楽しみください。
PLACE〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-9-8「SO-CAL LINK GALLERY」

ご来場者はカメラに映る可能性がごさいますので、ご了承のうえご参加ください。

SCOPES TokyoCOCALERO