2020/01/23 THU19:0023:00

SUPER DOMMUNE OPENING BASH DAY1
Hakushi Hasegawa 1st Album「エアにに」Release Special 長谷川白紙『ドミューにに』

LIVE:長谷川白紙、諭吉佳作/men DJ:tomad VJ:谷口暁彦
司会:姫乃たま トークゲスト:有泉智子(MUSICA)、imdkm、s.h.i.

■世界的パラダイムシフトを起こす日本発のアーティストの最新形と言える長谷川白紙!

彼の音楽は、テクノ、ジャズ、現代音楽、ポップス、プログレ、ブレイクコアなどジャンルの座標軸を超え、まさかの同時進行で鳴らされるというカオティックな天体観測だ。しかし高精度な計算の上で成り立つそのサウンドは決して先端のAIが映し出したような物ではなく、間違いなく一人の人間が生み出した身体感覚と精神性を伴ったポップミュージックだという驚異!この強烈な事実から決して目を耳を背けるな!!22世紀の音楽は既に降り注いでいる!!(DOMMUNE)

●長谷川白紙
21歳音楽家。2016年頃よりSoundCloudなどで作品を公開し、17年11月、Maltine RecordsよりフリーEP作品『アイフォーン・シックス・プラス』をインターネット上で発表。18年12月、10代最後に初CD作品『草木萌動』をリリース。知的好奇心に深く作用するエクスペリメンタルな音楽性ながら、ポップ・ミュージックの肉感にも直結した衝撃的なそのサウンドは、各所で絶賛され、新たな時代の幕開けをも感じさせるものとなった。19年11月13日、待望の1stフルアルバム『エアにに』をリリース。大きな話題を呼んでいる。
https://twitter.com/hsgwhks

●諭吉佳作/men
2003年生まれの音楽家。
2018年、中学生の時に出場した「未確認フェスティバル」で審査員特別賞を受賞。
楽曲はiPhoneで制作しており、次世代の新しい感覚で生み出される唯一無二の楽曲センスと艶のある伸やかな歌声で注目を集める。
インディーズバンド音楽配信サイト「Eggs」では年間ランキング2位を獲得。
音楽活動以外にも、執筆活動やイラストレーションなどクリエイティブの幅は多岐にわたる。
2019年、でんぱ組.inc「形而上学的、魔法」の楽曲提供を行い話題に。

PROGRAM INFO
ENTRANCE ¥3000 (当日先着10名 18:00〜エントランスで受け付けます。Peatixでの限定77名の予約は完売しました)
PLACE 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO9F「SUPER DOMMUNE」
15-1 Udagawa-Cho Shibuya-ku Tokyo 150-0042|Shibuya PARCO9F「SUPER DOMMUNE」
MAP
SCOPES TokyoCOCALEROmutekdedemouse